標準体重を維持するには定期的なダイエットが必須

ダイエットをして「標準体重にたどり着く」のも大変ですが、「標準体重を維持する」のも大変ですよね・・・

「かなり太ってしまった時のダイエット」と「標準体重を維持する時のダイエット」の苦しさの違いはほとんどありません

違う点は、「どういう食事をすれば痩せられるのか?」を知っているから「不安になること」はあまりないという事です

初めてのダイエットの時は「本当にこの食事で痩せられるのか?」という不安との戦いながら空腹とも戦うわけなので精神的にキツかった記憶があります

標準体重を維持するダイエットは、基本的に「お米制限」でクリアできます

標準体重を維持するためには毎日体重計に乗る

「標準体重を維持する」為には体重の変化に早めに気づくのが一番の対策だと言えます

体感的に「痩せたか太ったかわかる方」ならいいのですが1年に1回の健康診断だけ「体重計に乗る習慣の方」は、体重が増えているのに気付くのが遅れます

その分頑張ればいいのですが、早めに対応していれば体の反応が早い気がします

対応が遅れると体が「太った体に順応してしまっている」為に痩せにくい体になっていると感じます

揚げ物と砂糖を控えてもご飯を食べたら簡単に太る

標準体重になったので「食事の量を少し増やしてもいいかな?」と思ってご飯を多めに食べだすと太ります

何回もダイエットしていて分かったのですが、「揚げ物を控えても,砂糖を控えても」ご飯を食べすぎたら全部チョー消しです

良く糖質制限で痩せられるって言いますが私の場合は「ご飯制限」で痩せられます

白いご飯は太るんです

ご飯が好きな人は定期的にダイエットしないと標準体重は維持できない

結論としては、「ご飯をたくさん食べたい人」は「毎日体重計に乗って」体重を管理しながら「標準体重より3kg以上増えたらご飯を控える」ようにしないと太るという事です

昔の私は肥満状態でも気にせず好きなだけ「ご飯」と「唐揚げ」と「ペペロンチーノ」と「焼きぞば」と「ざるそば」を食べてました

何度も「要精密検査」の書類をもらいながらも無視し続けた結果

体に拒否られました。。。

「腸閉塞」でした・・・

深夜に突然苦しくなり緊急病院に搬送され即入院

そこから栄養学を勉強し、健康的に生きていこうと決意しました

ダイエットの参考になった本

運動をしても自分が思っている以上に「カロリーは消費できていない」という事実

それよりも食生活を見直して「摂取カロリーを減らす」ほうがダイエットに成功しやすいという事が書かれていて非常に参考になりました

健康的な生活を送るためにどうすればよいか?を教えてくれた映画

ただ痩せるだけではなくせっかくなので「健康的に痩せて長生きしよう!」という目標が出来ました

菜食中心の生活をすれば「血液を健康に保つ」ことが出来ます

多くの病気は「血管トラブル」が多いので「菜食中心の食事」で病気のリスクが減ります

私の考えは「バランスの良い食事をとること」,中でも「野菜,果物」を多めにとること,「添加物をあまりとらないこと」です

「加工食品」と「乳製品」は食べませんが、肉と魚は少し食べます

フォークスオーバーナイブズ「いのちを救う食卓革命」

ネットフリックスで見ることが出来ます