繰り越し返済前提で借りるならリボ払いは非常に便利

はじめに

リボルビング払いは「知識のない方」が使うとあたかも「自分がお金をたくさん持っている」かのように錯覚してしまう恐ろしいサービスなのです

しかし、リボルビング払いのシステムをきちんと理解して計画的に利用すれば非常に便利なサービスとも言えます

実際に私が「リボルビング払いを使う場面」と私がやっている「リボルビング払いの返済方法」をご紹介します

私がリボルビング払いを使う場面

私がリボルビング払いを使うのは「誰にも言えない大きな出費」の時です

家族や知人に「利息なしで借金できる」ならそれが一番いいです

それが出来ないからリボルビング払いで買い物しちゃうんですよね

クレジットカードは「買い物」だけではなく、なんと「キャッシング」も出来ちゃうんです。。。

私のクレジットカードの限度額

私が現在利用しているクレジットカードはセゾンカード(visa)です

  • ショッピング枠は「100万円」
  • キャッシング枠は「50万円」

使おうと思えば「150万円」使えるんです・・・

しかも毎月払う金額は「ほんの少し」でいいんです

この「思考」に陥るとヤラカシますね

今の私の「思考」は150万貯めれば「リボ払いする必要ないよね」です

私が実際に借りた金額と毎月の返済金額

今から書く金額は「おおよそ」の金額です

「360000円」借りて、毎月「17000円」の返済でスタートしました

「17000円」のうち利息は「約4000円」取られます

利息4000円って「ヤバく」ないですか?

お金がない月は「17000円」の返済でしのいで、余裕がある月は「余裕があるお金全て」を「繰り越し返済」に充てます

返せるときは「50000円」返してました

この時に注意しなければいけないのは繰り越し返済が出来るのは「1ヶ月の中で7日間くらい」なのです

いつでも繰り越し返済ができるわけではないんです

返すタイミングをしっかりチェックしておかないと返せずに利息だけ取られます・・・

リボ払いの落とし穴

リボ払いの落とし穴は「返済が進んでいくにつれて支払い金額が少なくなっていく」んです

セゾンカードには「定額コース」と「長期コース」があります

長期コースにすると、残り「100000万」を切ったくらいで月々の支払いが「7000円」になって利息が「1400円」とかになります。。。

残り「60000円」を切ったら月々の支払いは「3000円」ですよ!

金額設定がいやらしいですよね

カード会社的にはなるべく「長い間借金させて利息を貰いたい」わけです

なのでリボルビング払いをするなら定額コースで月々30000円くらいで返していくか長期コースにして余裕のある月にガバッと返すかですね

リボ払いは「早期完済」が基本

余裕があるのに「リボ返済を後回し」にして借金が残っているのに「クレジットカードでお買い物」をするからリボ地獄にハマるんです

借金を返すまではなるべくならクレジットカードでの買い物は控えたほうがいいですよね

余裕があるなら残らず「繰り越し返済」に充てましょう

私の場合は2年の予定を1年くらいでいつも完済しています

これくらいのスピードで返済できれば利息もそこまで払わなくても良くなります

大きな買い物以外は一括で支払いましょう

私はクレジットカードを2枚使い分けています

「一括,分割で支払う用」と「リボ専用」のクレジットカードです

1万円以内のものは基本的に「一括」で払います

5万以内は「分割」、それを超えたら「リボ払い」です

最後に

よっぽどのことがない限り「リボルビング払い」を使うことはないとは思いますが残りの人生で絶対に使わないとも限りませんのでこうして記録を残しておきます

でもいざという時には「最大150万円借りられる」ので無いよりはあったほうが私の場合は助かります

使わないに越したことはないですが保険です

だから私は生命保険には入っていません

ある程度の入院手術費用ならクレジットカードで払えるからです

できれば貯金をして「一括」で買えるようになりたいもんですね・・・